情報257 第8回阿弖流為・母禮の慰霊祭

 9月8日(土曜日)奥州市水沢区羽田町の羽黒山出羽神社境内の阿弖流為・母禮慰霊碑前において行われた。阿弖流為・母禮を慰霊する会が主催し、当会も参加した。主催者を代表して小野寺一雄会長が「古代の英雄たちの偉大さを次世代に語り継ぐためにこの地に慰霊碑を建立した。ここが皆さんに親しまれる場になることを目指し顕彰活動を続けていきたい」と挨拶。来賓の小沢昌記奥州市長は「時空を超えて伝えなければならないこと、次の世代に引き継がなければならない大切な思いがあると、この碑を前にすると思ってしまう。これからも二人が示したものを引き継いでいく会であってほしい」と呼び掛けた。清水寺の森清範貫主も参列し祝辞を寄せた。