2012年9月17日

『アテルイの日』制定宣言

古代史に刻まれた巨星、その名はアテルイ。豊かな大地と、そこに暮らす人びとを慈しみ、謂われなき王化に抗したアテルイ。西暦802年9月17日(陰暦8月13日)、一天の星となったアテルイ。
21世紀を迎えた私たちは、アテルイの崇高な精神を受け継ぎ、この地域の発展を願う。
そして、恵まれた自然環境と、人びとの絆を大切にして、共存共栄の未来を求める。
本日、アテルイゆかりの地から、あらゆる地域、あらゆる人びとに向けて、「アテルイの日」制定を宣言する。

2003年9月13日  アテルイを顕彰する会

アテルイの命日にあたる9月17日を「アテルイの日」に

延暦二十一年八月丁酉(十三日)、十数年間にわたって古代国家と対決し続けた胆沢の蝦夷の首長アテルイは、坂上田村麻呂に降伏後、遥か河内国において盟友モレとともに斬殺された。その日は、西暦にして802年9月17日のことであった。

それから1200年の節目を迎えた昨年(2002年)は、アテルイに関するシンポジウムや企画展開催などの歴史検証はもとより、各方面でさまざまな記念イベントが行われた。東京の新橋演舞場では、市川染五郎主演の「アテルイ」が時期を同じくして上演され、わらび座ミュージカル「アテルイ」は今年の全国公演に、長編アニメ映画「アテルイ」は全国での上映運動へと進んでいる。アテルイの没後1200年はアテルイ顕彰の記念すべき一年となり、今後の顕彰活動の深化と確かな継承を促す年にもなったのである。

私たちが平成3年4月に<アテルイを顕彰する会>を立ち上げた当時は、アテルイという名前もそれほど知られてはいなかった。しかし、京都清水寺に「阿弖流為・母禮之碑」を建立してからは、歴史教科書にも多く取り上げられるなど、ようやくアテルイに輝かしい光があてられるようになり、そのなかでアテルイ没後1200年を迎えることができたのであった。

私たちは昨年の記念事業をもって活動をとどめるのではなく、今後もアテルイに関心を持つ多くの人びとと広く交流しつつ、末長くアテルイを顕彰し続けていくことの必要性を強く感じる。私たちはその新たなスタートとして、アテルイの命日にあたる9月17日を「アテルイの日」として制定し、毎年この日を中心にアテルイらを偲び、顕彰し、交流する日とすることを呼びかける。

ページの上に戻る

2012年9月17日

『アテルイの日』賛同メッセージ

「アテルイの日」制定賛同メッセージ(色紙)

一力一夫 様(河北新報社社主)

東 北 一 如 の 原 点

河北新報社 一力一夫

高橋富雄 様(東北大学名誉教授)

いんめもりあむ その名呼び問はばや去にし日高見に 日の本の国いかに夢むと

二○○三年英雄記念日の日に タカハシ トミヲ

メッセージをもっと見る
新野直吉 様(元秋田大学学長)

敬仰 有りのままの 阿弖流為  醇深愛郷情 秀勇軍旅理

平成十五秋 史料と対し五十星霜 新野直吉

工藤雅樹 様(福島大学名誉教授)

アテルイを顕彰する会の皆様のご努力に敬意を表します

工藤雅樹

今泉隆雄 様(東北大学教授)

阿弖流為よ 君の実名は何だったのだろうか
跡呂井に居て 水陸万頃、胆沢の沃土を守ろうとした人

二○○三年八月 今泉隆雄

熊谷公男 様(東北学院大学教授)

東北の英雄は田村麻呂ではなくアテルイです。
アテルイこそ東北自立のシンボルです。

熊谷公男

山折哲雄 様(国際日本文化研究センター所長)

ア テ ル イ の 志 は  わ が 魂

洛中にて 山折哲雄

関口  明 様(札幌国際大学教授)

「アテルイの日」制定に賛同します。私がアテルイの名を知ったのは今から35年ほど前に卒論を書く時でした。当時はアテルイの戦いを古代の人民闘争として位置づけようと目論んでいました。その後、研究対象が東北から北海道(=古代の渡嶋)へと変ってきましたが、いずれ、アテルイの戦いが渡嶋蝦夷にどのような影響を与えたのか論じてみたいと思っています。

札幌国際大学 関口 明

中路正恒 様(京都造形芸術大学助教授)

アテルイの気力をもって生きてゆこう

2003年9月1日 中路正恒

武田佐知子 様(大阪外国語大学教授)

阿弖流為よ 汝は如何なる衣服を着て 都に上りしや アテルイの日によせて

武田佐知子

相沢史郎 様(東海大学名誉教授)

アデルイ 北の魂の風 世界の闇を吹ぎっ散らしぇー!

相沢史郎

森  浩一 様(同志社大学名誉教授)

考古学ハ 地域ニ 勇気ヲ 与エル

森 浩一

豊田有恒 様(作家)

陸 奥 の 覇 王  ア テ ル イ

豊田有恒

三好京三 様(作家)

ア テ ル イ は 生 き て い る

三好京三

井沢元彦 様(作家)

アテルイの 御魂安かれ 北の大地

井沢元彦

高橋克彦 様(作家)

アテルイの思いは 今も我が胸にあり

高橋克彦

中津文彦 様(作家)

甦れ! アテルイの熱き血潮

中津文彦

縠田恵二 様(衆議院議員)

故郷・水沢と京を結ぶ 21世紀の阿弖流為・民の代表たらん!

二○○三年八月 衆院議員 こくた恵二

増田寛也 様(岩手県知事)

い わ て の 心  阿 弖 流 為

岩手県知事 増田寛也

後藤  晨 様(水沢市長)

水 陸 万 頃

水沢市長 後藤  晨

相原正明 様(江刺市長)

「アテルイの日」の制定おめでとうございます
アテルイとモレ、エミシの祈りを今後に伝え 人々の豊かさと浄土を希求した先人の顕彰の今日的意義は大きく永く受け継がれることを願うものです

江刺市長 相原正明

佐々木秀康 様(衣川村長)

一、二○○年の 想いを 今に

15.9.17 衣川村長 佐々木秀康

佐藤秀昭 様(延暦八年の会会長)

豊 土  豊 人

延暦八年の会会長 佐藤秀昭

安倍満穂 様(関西アテルイ・モレの会会長)

寄阿弖流為忌 以刑 郷土 願平安

2003 関西アテルイ・モレの会会長 安倍満穂

松永憲生 様(縄文アテルイ・モレの会)

勇敢な人間は自分の事は最後に考える アテルイはそんな人であったと思う
打算の吹き溜まる世に、だから「アテルイの日」制定を祝します

松永憲生

岡田一郎 様(河内一の宮片埜神社宮司)

日高見の勇アテルイ・モレ 此処に眠る 枚方牧野公園

片埜神社宮司 岡田

岩崎景助 様(アテルイ・モレ等エミシを慰霊する会会長)

アテルイ モレ等エミシは日高見の光である

アテルイ・モレ等エミシを慰霊する会会長 岩崎景助

柴田弘武 様(えみし学会代表)

北 魂  在 阿 弖 流 為

えみし学会 弘武

西垣内堅佑 様(弁護士、国際縄文学会)

甦れ、アテルイ!! 古代東北縄文の精神を継承し、豊かな自然と共に生命を輝かそう。
理不尽なものと斗う高い志を偉大なものとしよう。

NPO法人国際縄文学会常勤理事 弁護士 西垣内堅佑

及川  洵 様(アテルイを顕彰する会会長)

我ら エミシの雄アテルイの 復権を期す
「アテルイの日」に

平成十五年九月十七日 アテルイを顕彰する会会長  及川 洵

中村哮夫 様(演出家)

誇りにかけて守らねばならぬものがある

演出家 中村哮夫

安達和平 様(わらび座俳優)

蝦夷は獣にあらず鬼でもない 子や親を愛し花や風に喜ぶ

わらび座役者 安達和平

丸山有子 様(わらび座俳優)

『蝦夷は獣にあらず。鬼でもない。子や親を愛し、花や風に喜ぶ...』
アテルイの叫び、心にひめ、今日も舞台に立つ。

丸山有子 佳奈役

岡村雄三 様(わらび座俳優)

"大和も蝦夷も心に差はない 同じ愛をもつ人間だと"

わらび座ミュージカル「アテルイ」坂上田村麻呂役 岡村雄三

村田源一朗 様(岩手日報社社長)

アテルイ忌 みちのくの勲し 伝えて千二百年

岩手日報社 村田源一朗

相原康二 様(岩手県立図書館長)

アテルイ的存在、エミシ的存在は、新しい地域文化創造への導きの灯である。

岩手県立図書館 相原康二

瀬川司男 様(岩手考古学会長)

胆沢の英雄アテルイ
彼は胆沢の地を守るため戦い
決して自分から戦いをいどまない。

岩手考古学会長 瀬川司男

加藤善正 様(いわて生協理事長)

人間らしく生きるとは理不尽なものと戦う勇気
今の世こそアテルイたちに学び
地域のネットワークを創造しましょう

いわて生協理事長 加藤善生

千坂嵃峰 様(NPO北上川流域連携交流会理事長)

戦闘の源 水陸万頃・胆沢平野の豊饒
顕彰の源 佐藤秀昭とその仲間の結束力
飛躍の源 大地に根ざした生き方への誇り

一関祥雲寺 千坂嵃

星  吉昭 様(姫神))

二十一世紀よ!! アテルイのように透明になれ!!

姫神・星吉昭

斉藤彰吾 様(詩人)

アテルイの 気脈を伝える 鬼劍舞 火のように 水のように

彰吾

澤藤範次郎 様(和紙人形作家)

「阿弖流為の日」広く認知せられ、「東北の祝日」第一号になられんことを。

範次郎

池田文春 様(漫画家)

美しき日高見の山河が阿弖流為の魂と共に永遠でありますように

池田文春

伊藤  満 様(漫画家)

北 の 将 星 ア テ ル イ

伊藤 満

吉川団十郎 様(歌手)

北のまほろば飛ぶは白鳥 祈れ祈れアテルイ祈れ 敵か味方か田村麻呂
山に聞け河に聞け 天照る天下の行方

宮城の団十郎

安久澤連 様(作家)

地域に生きて 搾取的な中央の権力に抗したかれらの志はきわめて人間的であり、壮というべきだと思います。

安久澤 連

小野寺政助 様(画家)

アテルイの日制定に寄せて 千二百年の時空を超えて みちのく人の血の中には北の大地に育くまれたアテルイ的なるもの宿ってます 誇りをもとう、手をつなごう。
未来を信じて夢をもとう 磁針は常に北を指す 我ら夷将の末裔なり。

平成十五年九月 小野寺政助(仙台市)

小池平和 様(本の森代表)

アテルイの 眼炎く日高見に いま、水も陽も光りかがやけ

小池平和

杜かじか 様(アテルイファンサイト日高見国見聞記)

たとえ異国でこの身が朽ち果てようとも、魂は美しい故郷 日高見国へ...
心安らかにおねむり下さい...

奈良市 <杜・かじか>

佐々木隆男 様(胆江日日新聞社社長)

阿弖流為 ― 今、甦える真の勇者 郷土の誇り ―
「アテルイの日」制定に心より賛同します

胆江日日新聞社 代表取締役 佐々木隆男

新田清二 様(水沢商工会議所会頭)

アテルイの里 漫々とし 住めることを 我 誇りとする

新田清二

佐々木勲 様(水沢観光協会会長)

アテルイの日 未来永劫に語り継ぐ 鎮 魂 敬 慕

平成十五年八月 社団法人水沢観光協会 会長 佐々木勲

小林晋一 様(元水沢市史専任編纂委員)

延暦八年の会とアテルイを顕彰する会の二つの会の御活躍により東北の古代史が大きく解明された功績は高く評価されなければならない。
これからも研究をお願いしたい事は羽田の北鵜木遺跡の解明、古代北上川想像図の作製、水沢訪問者に配る「アテルイ案内」の刊行である。

(小林晋一)

木村  正 様(画家)

賛 阿 弖 流 為  魂 魄 不 滅

木村 正

小野寺正光 様(画家)

ああアテルイ りんどう平を駆け抜ける 白馬の上の偉丈夫は えみしのかしら
アテルイぞ 日高見の地よ 平安なれと敵をにらんで燃えた人

小野寺正光画

及川哲夫 様(画家)

アテルイの御霊宣はく 汝らこの地で権力に縋り 己惚れて生きている輩共は
速やかに四丑の渕にでも消えるがよかろう

Tetfu

吉田嘉太郎 様(画家)

ア テ ル イ の 志 を 未 来 に

嘉太郎

今野芳郎 様(うぐいす沢神楽保存会会長)

北天の 勇者を偲び 神楽舞う

うぐいす沢神楽保存会 会長 今野芳郎

及川武夫(水沢市羽田地区振興会会長)

散るぬ時 知りてこそ 世の中の 花も花なり 人も人なり(作者忘却)

羽田振興会 及川武夫

賛同メッセージ・小沢一郎 様(衆議院議員)

メッセージ  アテルイの日制定記念大会のご開催をお祝い申し上げます。「アテルイを顕彰する会」会員皆様には、日頃より、様々な事業を通して、アテルイの研究と顕彰活動にご尽力を頂き、心から敬意を表します。この度、アテルイの命日にあたる九月十七日を「アテルイの日」と制定するという試みは、アテルイの残した郷土愛や友情の精神を永く後世に継承していく、大変意義深いものであります。千二百年の節目を迎えた、昨年の長編アニメ映画や演劇に続く、この度の事業により、全国に広く英雄アテルイが認知され、その偉業がいつまでも語り継がれることを祈念してやみません。英雄アテルイの顕彰、普及に、貴会の益々のご活躍とご発展をご期待申し上げますとともに、会員皆様のご健勝とご多幸を申し上げ、お祝いのお言葉とさせていただきます。

平成十五年九月十三日 自由党党首 衆議院議員 小沢一郎

賛同ハガキ・木村倶子 様(枚方市伝承文化保存懇話会)

残暑御見舞申し上げます。度重なる御案内を頂きまして有難うございました。実は、七月から昨日まで、一ヶ月半ほど、体調をくずし、入院手術をうけていました。折角の御案内を頂き、大好きな色紙絵を描く機会を与えていただきましたが、長時間机に向う姿勢を止められていますので、御希望に叶うことができませず、何卒お許しください。会の催し御成功をお祈りしています。かしこ

ページの上に戻る

2012年9月17日

『アテルイの日』関係行事

「アテルイの日」に関わる各地のイベント

アテルイとモレの命日(9月17日)前後に行われる慰霊祭などを紹介します

阿弖流為、母礼の慰霊祭阿弖流為、母礼の慰霊祭

平成18年(2006)から毎年、9月の第二土曜日に、奥州市水沢区羽田町羽黒山の阿弖流為・母禮の慰霊碑前で開催されている。 主催は阿弖流為、母禮を慰霊する会(小野寺一夫会長)で、当会もこれに協力、参加している。
午前10時半に開会し、関係者挨拶の後、神事が執り行われる。
当日の午後5時から別会場で直会があり、参加者の交流をはかっている。

アテルイ歴史の里まつりアテルイ歴史の里まつり

平成元年(1989)に始まり、3年置きに9月の第2日曜日に開催され、昨年(2015年9月13日)で第9回の開催。跡呂井町内会(アテルイ歴史の里振興会)主催、花園町内会と神明社の協賛で、跡呂井地区の神明社境内で開催される。
アテルイ王千二百年記念碑を前に神事のあと、アテルイ巣伏の戦い大勝利凱旋武者行列、アテルイ音頭の奉納、子供みこし運行が行われる。
昨年の武者行列は奥州市副市長がアテルイ役を務め、弓、槍隊の兵士総勢50人が行進した。

アテルイ鎮魂祭アテルイ鎮魂祭

平成7年(1995)に建立された巣伏の戦いの跡碑(水沢区佐倉河)前で、毎年9月17日前後の日に碑が建つ公園の清掃奉仕と合わせて鎮魂祭を行っている。
碑を建立した進友会(佐々木勲会長)が続けているもので、2011年に解散した後も会員有志が継続している。「会員の思いを若い人に引き継ぐこと」が願いで、参加を呼びかけている。

アテルイ・モレ祭アテルイ・モレ祭

平成19年(2007)3月に大阪府枚方市の牧野公園内に伝阿弖流為・母禮之塚が建立され、以来、伝阿弖流為・母禮之塚保存会(中野一雄会長)が主催し、毎年9月23日に開催している。
神事に始まるが、子供たちをはじめ多くの地域住民が参加する祭りになっている。
アテルイとモレが斬殺された「河内国椙山(植山)」は現在の枚方市内であったとみられ、この塚はアテルイとモレの埋め墓ではないが、以前より多くの人が訪れ、慰霊祭なども行われていた。
地元の人々に大事にされ、アテルイとモレへの思いがこめられた塚であり、枚方で処刑されたアテルイとモレの参り墓としての役割をはたしていただいている。感謝。

ページの上に戻る

2012年9月17日

アニメ『アテルイ』が製作される

水沢青年会議所が創立三十周年事業として企画・製作していたアニメ『アテルイ』が完成した。アニメは北上川などの実写を交えた静止画像方式であるが、アテルイを現代的な顔のヒーローにし、子供達にも親しみやすいものとなっている。主人公であるアテルイと親友のモライ、それに架空の女性であるイヨを中心人物とし、平和な日高見国を侵略する朝廷軍と戦うストーリー。平成4年11月14日にはその上映会が水沢市文化会館大ホールで開かれ、三回の上映に親子連れの小学生ら約四千人が観賞した。これまでアテルイのファンといえば、どちらかというと男性が多く、しかも年令層が高い傾向にあった。この上映会は、新しい世代と家庭にもアテルイが浸透していく大きな第一歩であり、意義あるものであった。

ページの上に戻る

2012年9月17日

アテルイ顕彰碑の建立場所決まる

平成4年5月22、23の両日、本会の藤波会長、小原幹事が碑の建立場所協議のため水沢市の関係者とともに京都・清水寺を訪問しました。本会が同寺を訪れたのは、昨年の10月12日に次いで2回目となります。同寺で関西胆江同郷会の高橋敏男会長と合流し、前回同様、清水寺の大西真興執事長、森孝忍庶務・法務部長と協議、数ケ所の建立候補地を改めて見て回りました。その結果、音羽の滝から西に向かって約50m先の地点で、参拝者の順路に面した場所が第一候補としてあげられました。この場所は、僅かに奥まった広場ですが、参拝者の眼に触れやすく、本堂(清水の舞台)に面した庭園内にあります。また碑の規模は、全山が文化財であり、周辺景観とマッチする必要上からも、おおよそ全高1.5m前後、幅2m程度とすることで一致しました。建立時期についても、平安建都千二百年にあたる平成6年までとすることを再確認しました。

ページの上に戻る